unite-outline で候補の絞り込みから選択へかけての打鍵数を減らす [2]

前々から気になっていたこととして……

絞り込みの結果、マッチが1件という段になっても、そのまま で該当する見出しの箇所へジャンプできないという問題がありました。


ぐぬぬ……

unite-outline では絞り込みの結果に、実際にマッチした見出しに加え、その親(先祖)見出しも(それ自体はマッチしていなくても)残すようにしているので、最上位レベルの見出しを除き、絞り込み結果の最上段に実際にマッチした1件がくることは決してないのです。

これはなんとももどかしい、ということで、このようにしてみました↓


▲ビンゴ!

絞り込みの結果マッチが1件、というところまできたら、「探してるのはこれだろ、ほれ」という感じで絞り込み結果の最上段にマッチした見出しを複製します。これで、インサートモードから抜けて j 連打で選択、ということをせずに、そのまま でその見出しへとジャンプできます。


マッチが複数ある場合は、実際にはマッチしていない親見出しをスキップして移動できるキーマッピングを用意したのでそれを使えばいいでしょう。