] という名前のファイルを作らない

編集中のファイルを保存しようとして :w<CR> と打ちたいところが、なぜか誤って

:w]

と打ってしまい、カレントディレクトリに ] という名前のファイルを作ってしまう、という謎の手癖に長いこと悩まされていたが、先日思い切って

cnoremap ] <Nop>

とやってみた。

手癖の方を意識して矯正するのは難しいので、手癖が発動しても何も起こらないように command-line mode における ] に <Nop> を割り当てた。*1

command-line mode にて ] を打ちたい時には <C-v>] と打つ必要があるが、意図せず ] という名前のファイルができることはなくなり、また一つ Vim が快適になった。

追記

↑の設定で確かに ] という名前のファイルができることはなくなったものの、やってみると command-line mode で ] を打つ機会は(自分の場合)それなりに多く、これはこれで不便。

特に、検索や置換のために正規表現を入力する際など、うっかりこの設定になっていることを忘れて文字クラスの [] が閉じてなくてエラーというのが頻出。見直しが必要か。(2010-11-01)

*1:手癖が悪さをしないように <Nop> を割り当てているキーは他にもいくつかある。