gnome-terminal 設定メモ

ウィンドウのサイズ/位置

ランチャ>プロパティ

gnome-terminal --geometry=100x52+300+0

基本 1行は 80〜100桁以内に収める。

vim で背景色が白のカラースキーマ(delek)を使用する場合にいい感じになる仕様。文字が明る過ぎると読みにくいので適当に明度を下げる。文字色は黒で背景は薄い灰色、コメントは赤で予約語は青。ボールドはなし。

パレット 設定色 想定色
テキスト #000000
背景 #EBEBEB
エントリ01 #000000 (Black) Black
エントリ02 #8B0000 (DarkRed) DarkRed
エントリ03 #006400 (DarkGreen) DarkGreen
エントリ04 #525200 DarkYellow
エントリ05 #00008B (DarkBlue) DarkBlue
エントリ06 #8B008B (DarkMagenta) DarkMagenta
エントリ07 #007373 DarkCyan
エントリ08 #D3D3D3 (LightGray) LightGray
エントリ09 #A9A9A9 (DarkGray) DarkGray
エントリ10 #FF0000 (Red) Red
エントリ11 #4D9906 Green
エントリ12 #FCE94F Yellow
エントリ13 #0000FF (Blue) Blue
エントリ14 #FF00FF (Magenta) Magenta
エントリ15 #008B8B (DarkCyan) Cyan
エントリ16 #EEEEEC White
フォント

Takaoゴシック 12pt

キーボード・ショートカット
操作 ショートカット・キー
次のタブに切り替える Henkan Mode
日本語キーボードにおける Space の右
前のタブに切り替える Muhenkan
日本語キーボードにおける Space の左

Space の両隣にある「無変換」キーと「変換」キーは個人的にまったく使う機会がないので gnome-terminal のタブ切り替え専用キーにした。両親指で瞬時にタブを切り替えることができ快適。キーボードがタブ機能付き端末エミュレータのための専用ハードウェアのようになる。

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし USBキーボード ブラック PD-KB220B/U

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし USBキーボード ブラック PD-KB220B/U

また、端末内で使用するプログラム内で Altキーを使用できるように、「メニューのアクセス・キーを有効にする」のチェックを外し、Altキーが gnome-terminal に横取りされないようにする。

タブの保存/復元

保存したいタブ構成の状態で

gnome-terminal --save-config=FILE

を実行すると FILE に現在のタブの構成が保存される。例えばタブを4つ開いた状態で上記のコマンドを実行すると FILE には以下の内容が書き込まれる↓

#Written by GNOME Terminal 2.29.6

[GNOME Terminal Configuration]
Version=1
CompatVersion=1
FactoryEnabled=true
Windows=Window0;

[Window0]
MenubarVisible=true
Role=gnome-terminal-window-2707--447761597-1275608058
ActiveTerminal=Terminal0x9f6e8a0
Geometry=100x51+455+25
Terminals=Terminal0x9f6e8a0;Terminal0xa270478;Terminal0xa097228;Terminal0xa1a6628;

[Terminal0x9f6e8a0]
ProfileID=Default
WorkingDirectory=/home/h1mesuke/hlib/ruby
Zoom=1
Width=100
Height=51

[Terminal0xa270478]
ProfileID=Default
WorkingDirectory=/home/h1mesuke/hlib/ruby
Zoom=1
Width=100
Height=51

[Terminal0xa097228]
ProfileID=Default
WorkingDirectory=/home/h1mesuke/hlib/ruby/test
Zoom=1
Width=100
Height=51

[Terminal0xa1a6628]
ProfileID=Default
WorkingDirectory=/home/h1mesuke/hlib/ruby/test
Zoom=1
Width=100
Height=51

このタブ構成を復元したい場合は

gnome-terminal --load-config=FILE

とすると新たに gnome-terminal のウィンドウが作成されて保存されていたタブ構成が復元される。余分にウィンドウができてしまうので、対話シェルから実行するよりはランチャとして登録しておいた方が便利かも。