人工無能で Ruby入門

Ruby を勉強する必要が生じ、手頃な入門書を探していたところ、図書館で「恋するプログラム」という本を見つけた。

恋するプログラム―Rubyでつくる人工無脳

恋するプログラム―Rubyでつくる人工無脳

Ruby そのものの入門書ではなくて、人工無能の本なのだが、最初の方に Ruby の大まかな解説があり、Rubyプログラミングの入門書としても使えそうな感じだったので、早速借りて読んでみた。

Ruby の概説を読んで、人工無能のサンプルプログラムを追ううち、Rubyプログラミングの大体のところはつかめたように思う。リファレンスマニュアル等を参照しつつ、なんとか自力で簡単なスクリプトぐらいは書けるようになった(はずだ)。

感想

Ruby の入門書として読んでおいてこういうことを書くのもなんだけど、Ruby正規表現の解説に紙数をとられ過ぎていて、肝心の人工無能について入門の入門程度の内容に留まっているのが少し惜しい感じ。マルコフ連鎖の話などはかなり面白かっただけに、もうちょっと先まで行って欲しかった。内容的には物足りなさを感じるけど、ブログペットの応答の仕組みが大体わかったのはよかった。